大人ニキビ 30代大人ニキビ

MENU

30代の大人ニキビ対策

30代の大人ニキビの特徴は?

30代の大人ニキビは、皮脂の過剰分泌からできるものではありません。
20代の頃とは違って、それほど多くの皮脂が出るわけではないため、思春期ニキビとは
はっきりと違う種類だと分かります。

 

30代の大人ニキビは頬や顎にできることが多いです。
30代になると、肌の水分量が不足して古い角質が取れないままに
毛穴をつまらせてしまい、大人ニキビとなってしまうのです。

 

30代になると、仕事や家事で忙しくなるなどストレスがたまりますし、
睡眠時間も十分に摂ることができません。
食生活も不規則になりがちです。
そんな生活が続いていると、肌の新陳代謝は悪くなって、大人ニキビが増えるだけです。
生活を改めることが必要です。

 

30代の大人ニキビを治すために必要なこととは?

まず使ってはならないのは、思春期ニキビ対策の薬です。
思春期ニキビ対策の薬は、肌を乾燥させてニキビを治します。
30代の大人ニキビは乾燥肌ですから、乾燥させればさらなる肌トラブルのもとです。
使う化粧品は、大人ニキビ対策専用のものにしてください。

 

次に、通常のケアについてお話します。
お化粧を落とすためにクレンジングや洗顔は必要ですが、
どちらもお化粧と一緒に水分まで取られてしまいます。
失った水分は、化粧水などで毎日しっかり補うようにしてください。

 

最後に普段の生活についてです。
肌の新陳代謝を良くするために、食事はビタミンが多いものを摂るようにしましょう。
そして、なるべく睡眠時間を多めに、10時から午前2時までは肌が生まれ変わる時間ですから、
その時間はぐっすり眠るようにしましょう。