大人ニキビ 敏感肌

MENU

敏感肌の場合

アルカリ性の肌がにきびを作る?

健康な方の肌は弱酸性ですが、肌の弱い敏感肌の方の肌はアルカリ性です。敏感肌は肌を守ってくれるバリア機能が弱いですし、肌の中の水分量も減っていて乾燥肌になっています。その状態は、肌の状態を悪化させてアルカリ性の肌を作り、ニキビの原因となるアクネ菌が広がりやすい環境を作ってしまいます。アルカリ性の肌はニキビなど、肌トラブルのもとです。敏感肌の方は、アルカリ性の肌を健康な弱酸性の肌に戻せるよう、努力してください。

 

敏感肌の方が選ぶべき化粧水は?

敏感肌の方は成分の強いものを使えば状態を悪くしてしまいますし、成分の弱いものを選べば何の効果も得られません。化粧水選びもかなり難しいです。しかし、敏感肌の方は肌が弱い状態ですから、対処を急がないとどんどんニキビは悪化しますから、すぐにでも対策を摂る必要があります。
敏感肌の方が選ぶべき化粧水は、まず保湿がしっかり出来るものです。

 

保湿ができていれば肌は元気を取り戻し、ニキビを治す準備が完了します。ニキビを治すためには、抗菌作用や殺菌作用のある成分も入っていなければいけません。そのすべてが入っていて、さらに肌にやさしい化粧水を選びましょう。

 

敏感肌の方が調べるべき化粧水の成分は?

敏感肌の方は、肌を痛めつけることなく抗菌効果や美容効果が高い化粧水を選ばなければなりません。有効成分と言われているのが、グリチルリチン酸ジカリウムやサリチル酸などです。これらの美容成分入っている化粧水であれば、大人ニキビに効果を発揮しますが、肌トラブルを避けるために、まずは二の腕などにつけて様子を見るバッチテストをしてから考えてください。肌トラブルが起きない、と安心してから化粧水を使うようにしましょう。