大人ニキビ 治す 化粧水 肌質に合う

MENU

自分の肌質に合う化粧水を選ぶ

 

自分の肌質に合う化粧水を選ぶ

乾燥肌、敏感肌、脂性肌、人はそれぞれ肌質が異なります。
自分の肌質に合わせた化粧水を使っていれば問題はありませんが、肌質に合わない化粧水を使い続ければ肌は良くなるどころか調子を崩して悪化させてしまうだけです。

 

にきびがあるからといって脂性肌用化粧水を使うことは良くない

思春期ニキビは皮脂が余分に分泌されることで肌を詰まらせてニキビになっていますから、脂性肌用化粧水で脂を抑えるとニキビがおさまります。
しかし大人ニキビができている肌は、脂分が多いことではなく乾燥が原因です。

 

脂性肌用化粧水でケアすると顔が必要としている大事な脂分までなくなってしまいますから、肌荒れが進んで大人ニキビが増えるだけなので注意してください。

 

大人ニキビができている肌に使ってほしい化粧水とは?

大人ニキビができている肌は乾燥肌の方が多いですから、保湿成分が入っている化粧水を選ぶことが一番です。
そのうえで、肌の炎症を防ぐビタミンCなどが入っていれば、ニキビ跡もきれいにしてくれますからおすすめです。

 

ビタミンCも保湿成分も、大人ニキビができている肌ですと成分が吸収しにくいです。
ですから、そのままの状態ではなく成分を細かくして配合されているものを選びましょう。

 

化粧水に含まれている保湿成分や美容成分にはいろいろな種類がありますが、大人ニキビができている時は刺激の少ない成分が入っているものを選ばなければ肌荒れを起こしてしまいます。

 

植物から摂取した成分など、肌荒れを起こしている状態でも安心して使えるものかどうか、購入前に確かめるといいですよ。