大人ニキビ 治す 化粧水 有効成分 ヒアルロン酸

MENU

ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は、ヒトの体内で作られる保湿成分の一つです。
ヒアルロン酸の保水力は体積の6000倍ですから、ヒアルロン酸があればかなり肌が潤うことが分かります。

 

しかし、年齢とともにヒアルロン酸はだんだん減少しますから肌の保湿力も弱ってきます。
肌の乾燥は大人ニキビの大きな原因ですからヒアルロン酸は外から補充することが必要です。

 

ヒアルロン酸は何歳ぐらいから減少し始めるの?

お肌の曲がり角は20歳だと言われていますが、肌からヒアルロン酸が減り始めるのもこの頃からです。
ヒアルロン酸は体内で生成することも可能ですが生成する量も年齢とともに減っていきますから、はっきり減少したのがわかるのは30代を超えてからです。
40代になる頃には、ヒアルロン酸の量は赤ちゃんの頃の半分にまで減ってしまいます。
ですから、大人ニキビができないようにヒアルロン酸の補充は早いうちから行うことが求められます。

 

ヒアルロン酸を上手に化粧水で取り入れるためには?

保湿成分として注目されてから、ヒアルロン酸は多くの化粧水の中に取り入れられるようになりました。
けれど化粧水の中にただ入っているだけでは保湿効果を出すことはできません。

 

大人ニキビができている肌は硬くなっていて、美容成分を吸収しにくい状態にあります。
ヒアルロン酸が肌に吸収しやすいように成分がナノ化されているなどの一工夫が必要です。
成分が細かいならば、大人ニキビができている肌でも十分に肌の奥まで成分が届きますから、肌は内側から潤って大人ニキビのできない強い肌を作ります。