大人ニキビ ホルモンバランス

MENU

大人ニキビとホルモンの乱れ

生理前ににきびができやすいのはホルモンバランスの乱れが原因

普段はそれほど肌トラブルを起こすことがないのに、生理前になると急に肌の調子が悪くなって大人ニキビが出来る、という人がいます。その原因は、ホルモンバランスの乱れです。

 

普段は、体の中のホルモンはバランスがとれていますが、生理前になるとエストロゲンという女性ホルモンの数が減り、黄体ホルモンという男性ホルモンに似たホルモンが活発になります。黄体ホルモンは、皮脂の分泌を活発にしますから、過剰に分泌された皮脂が、ニキビの原因を作ります。

 

生理前になればどうしてもホルモンバランスが乱れてしまうのですが、にきびができやすい時期にも、きちんと大人ニキビを防ぐ化粧水などを使ってケアをしていれば悪化を防ぐことができますので、生理前は特に注意してください。

 

 

ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビを防ぐためには?

生活習慣に気をつければ、大人ニキビを防ぐことができます。

 

ホルモンバランスがどうしても乱れてしまう生理前は特に、ストレスを溜めないこと、そして十分な睡眠をとりましょう。しっかり休めば美肌を保つことができます。

 

食生活にも注意が必要です。脂っこいものが好きだ、という人は体の中に必要以上の脂分を摂取してしまいますから、どうしてもニキビができやすくなります。大人ニキビを予防するためには、脂っぽいものは避けて、なるべくなら美肌を作るビタミンCが多いものを食事に取り入れるようにしましょう。

 

食生活や睡眠に気をつけ、さらにストレスを溜めないようにした上で、必要なのが毎日のスキンケアです。ビタミンCが入っているなど、美容成分が入っていて、刺激の少ない化粧水を選び、スキンケアを怠らずに毎日続けましょう。