大人ニキビ ニキビ跡

MENU

ニキビ跡を消す方法

赤みが残っている場合

赤みが残っている場合は、まだ肌に炎症が残っている状態です。
見た目には目立つ赤みですが、肌が再生すれば赤みはきれいになくなります。

 

肌のターンオーバーを促して、新しい肌が育つのを待ちましょう。
十分な睡眠、適度な運動、そしてビタミンCを中心に栄養バランスのとれた食事を続ければ、肌は生まれ変わって、ニキビ跡もなくなります。
スキンケアとしては保湿対策を万全に行ってください。

 

シミになって残っている場合

ニキビは治っているのに、ニキビの跡がシミのように黒く残ることがあります。
シミになってしまったら、肌が生まれ変わっても消えることがありません。

 

そんなときは、時間を掛けてゆっくり美白化粧品を使ってシミを消しましょう。
美白化粧品の中には強い成分が入っているものもありますが、
にきびができやすい肌は弱い状態ですので、敏感肌用のものを使うようにしてください。

 

炎症がおさまってシミになっているのであれば、ピーリングをして角質をケアする方法も良好ですが、
ピーリングをする時は、肌にやさしいピーリング石鹸を選んでください。

 

クレータのような凸凹になった場合

ニキビ跡がひどくなったまま放っておくと、肌が凸凹してクレーターのような感じになってしまいます。
凸凹になってしまった肌は、自分で治すことは非常に困難です。

 

すぐに治るとはいえませんが、なめらかな肌を取り戻すためには
美容外科や皮膚科を受診して必要な治療を受けることが一番です。

 

しかし、そんなにお金をかけられない、という人は、肌にハリを与える化粧水や美容液を使いましょう。
分子が小さくて、肌の奥まで働きかける化粧品ならば、少しづつでも変化があらわれます。
治療はあせらずに長い目で考えましょう。