大人ニキビ 洗顔

MENU

大人ニキビと洗顔

大人ニキビが出来た時、洗顔はやさしくすることが大事

大人ニキビが出来てしまうと、どうしても皮脂を取ろうと必死になってしまいます。ニキビを作る原因は、皮脂や肌の汚れによるものではあることはもちろんですが、洗顔をすれば良いというものではありません。皮脂を取ろうと必死に洗っているうちに、力が強くなってゴシゴシ洗ってしまえば肌は傷ついてトラブルの原因になります。

 

肌をきれいにするためには、ごしごし洗うよりもやさしく洗うことが効果的です。まずは手で泡立ててから、できた泡でふんわりと洗い上げるようにしましょう。洗顔後、タオルで拭き取るときもそっとタオルを肌に当てて、水を吸い取らせるようにしてください。

 

大人ニキビができた時、洗顔料の成分に注意が必要

洗顔料を購入するとき、成分を調べていますか?大人ニキビができた時は、肌は敏感で弱い状態になっています。洗顔料の成分にも注意が必要です。洗顔料の中には、界面活性剤が使われているものが多いです。界面活性剤は、皮脂の脂を水に溶かして洗い流すための乳化剤として洗顔料に含まれています。

 

界面活性剤が入っていれば、脂を洗い流すことが出来るわけですが、この成分はかなり強いため、敏感になっている肌は刺激の強さに負けてしまいます。そうなると、肌は表面を守るバリア機能を失い、かえってにきびを作る原因となってしまうのです。大人ニキビができた人は、洗顔料にも気をつけてください。界面活性剤の入っていない、刺激のない洗顔料を選びましょう。