大人ニキビ 思春期ニキビ

MENU

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビ、それぞれできやすい場所は?

大人ニキビと思春期ニキビはできやすい場所が異なります。
思春期ニキビは、皮脂が原因となって起きることから、
額や鼻などを中心に顔全体に広がります。
皮脂の分泌がさかんな場所に集中してニキビが作られます。

 

しかし、大人ニキビは顎に多くできます。
フェイスラインにそってできる人も多いですし、
顔というよりも顎から首筋が一番多いです。

 

大人ニキビは思春期ニキビができやすい額にも広がることがありますから、
一概に場所ではニキビの種類を断定できません。
しかし、顎にニキビがたくさん出来ているのならば、
大人ニキビを疑って、大人ニキビのための対策を取るようにしてください。

 

大人ニキビと思春期ニキビ、それぞれの原因は?

できやすい場所は重なる部分がありますが、
大人ニキビと思春期ニキビは、原因が全く異なります。

 

思春期ニキビの原因は、皮脂の過剰な分泌です。
第二次成長期を迎えている時ですので、
男性ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂の量が増えます。
その結果、毛穴から皮脂をうまく排出できずに毛穴が塞がれてニキビが出来ます。

 

大人ニキビの原因は皮脂の量が多いことではありません。
ストレスなどの理由で新陳代謝が崩れたこと、または化粧品で毛穴が詰まったこと、
それらが原因で肌の状態が悪くなって大人ニキビとなります。
思春期ニキビは第二次成長期が終わることで一緒におさまりますが、
ストレスなどを原因とする大人ニキビは何度も繰り返して終わりがありません。
大人ニキビは特に、しっかりとケアすることが必要です。