大人ニキビ シャンプーの成分

MENU

大人ニキビとシャンプー

大人ニキビがある時は、シャンプーの成分に注意

シャンプーを購入するときに、成分を確かめたことがありますか?
髪の毛と大人ニキビは関係ないと思われるかもしれませんが、大人ニキビがある時は特にシャンプーにも注意が必要なのです。

 

シャンプーによく使われている界面活性剤は髪の汚れや皮脂を取ることは出来るのですが、必要以上に皮脂を洗い流してしまいますから、肌が乾燥しやすくなります。肌の乾燥は大人ニキビの原因となります。また、大人ニキビができている時に強い成分の入ったシャンプーを使えば、よりニキビを悪化させることにつながります。

 

シャンプーを使うことによって大人ニキビができることもあるのです。洗浄能力が強いと言っても肌を弱らせてしまう成分が入っているシャンプーは、大人ニキビがあるときには使わないようにしましょう。

 

 

大人ニキビがある時は、シャンプーを一番にしよう

人によって、お風呂に入る時に体のどの部分から洗い始めるかは異なります。
しかし、シャンプーを一番最後にすると、体にシャンプーの成分が残ったまま終わらせることになります。
シャンプーの成分が残ったままでいれば、肌は元気に失って大人ニキビの原因となります。

 

大人ニキビがある時は、シャンプーの成分をしっかり落としてお風呂から出れるように
シャンプーは最初に行うようにしてください。
シャンプーの後、顔や体を洗ってシャンプーの成分をしっかりとりましょう。

 

洗い方にも注意が必要です。
汚れを取ろうと、力を入れて洗えば、肌の角質がはがれます。
角質が剥がれれば大人ニキビを増やす元になりますから、シャンプー、リンスは最初に済ませましょう。