大人ニキビ 治す 化粧水 保湿成分 浸透しやすい

MENU

保湿成分を浸透しやすくした化粧水を選ぶ

大人ニキビができている肌には保湿が必要ですが、保湿成分が入っていればいいというものではありません。
保湿成分が肌に浸透しやすく工夫して入っている化粧水でないと保湿効果を出すことはできないのです。

 

大人ニキビができている肌は成分が浸透しにくいの?

大人ニキビができているということは、肌の代謝が悪い状態にあるという意味です。
肌は代謝が悪ければ柔らかさを失って硬くなっていますから、せっかく美容成分を外から投入しても肌の奥まで届きません。

 

また、大人ニキビができていることによって毛穴が詰まっている状態ですから、保湿成分を投入しても毛穴の奥まで届けることができません。
大人ニキビを治すためには、成分が浸透しにくいものでも届くように一工夫加えることが必要なのです。

 

大人ニキビのできている肌でも成分を浸透しやすくする方法とは?

保湿成分はそのままの状態では、肌の奥まで浸透することができません。
ですから、大人ニキビができている弱い状態の肌でも成分が浸透しやすいように保湿成分を作り変える必要があるのです。

 

大人ニキビ化粧水を調べてみますと、成分をナノ化して配合してあるものがいくつかあります。
成分を小さくしてあれば、肌が元気を失っていたり毛穴が詰まった状態でも、保湿成分が肌の奥まで浸透します。

 

肌の奥まで成分が届けばだんだんと肌の水分量が戻ってきますから、代謝も良くなりますし大人ニキビも治ります。
大人ニキビ化粧水を購入する時は、保湿成分が入っているかどうかを調べることはもちろんのこと、成分が肌に浸透しやすいように工夫されているかどうかをお確かめください。