大人ニキビ 治す 化粧水 手で 優しく

MENU

手で優しく抑えるように化粧水をつける

 

手で優しく抑えるように化粧水をつける

大人ニキビができている肌は、非常に弱く敏感な状態にあります。
肌を元気にするためにはスキンケアは欠かせませんがスキンケアで肌を傷めつけるわけにはいきません。

 

肌にやさしい化粧水を使うことはもちろんのこと、化粧水の付け方にも注意が必要です。

 

大人ニキビを悪化する化粧水の付け方とは?

大人ニキビができている時は、コットンを使って化粧水を付けないようにしてください。
コットンにも柔らかい素材のものがありますが、コットンを肌に当てることで皮膚が傷つく可能性があります。

 

肌の表面に傷が付けば水分がより外に出やすくなるため、肌の乾燥が進んでニキビを悪化させます。。
肌が乾燥すれば大人ニキビが増えるだけですから、肌を傷つけるような化粧水の付け方はしないようしてください。

 

大人ニキビ肌に効果的な化粧水の付け方は?

ニキビができている肌は炎症が起きていて、なるべくならあまり触らないほうがいいのです。
しかし、保湿してこそ大人ニキビを解消することができますから、刺激を与えずにそっと保湿するようにしてください。

 

化粧水を手にとって、ふんわりと抑えるように肌につけていけば肌への余分な刺激はありません。
そっとつけることによって、肌の奥まで水分が浸透して、肌の潤いが取り戻されます。

 

時間がない時はつい化粧水を叩いてつけたくなってしまいますが、大人ニキビを治したければ時間を掛けてそっと水分を補充してあげましょう。
水分が戻ってくれば、だんだんと大人ニキビはおさまるはずです。